【クロセチン】

定量化:△

 

定性で受託している機関は、確かにあります。
定性で受託している機関はきちんと分別定量できる方法をとっており、
標準品さえしっかりしていれば定量が可能と思われます。

また、定量している文献もあるようで、定量可能な機関もあると思われます。

ただし、クチナシ色素を測りこむことが考えられるため、原材料と試験に注意が必要です。