【由来】

アーティチョーク

カメガシワ

小豆,緑茶等

アルファルファ

アロエ

イタドリ等タデ科植物

イチョウ葉

イペ

ウコン

ウワウルシ,リンゴ,サクランボ等の果実や葉

エゾウコギ

エビ,藻類,酵母等

オウゴン(生薬。コガネバナの周皮を除いた根)

オオバコ

大麦・オーツ麦

オリーブ葉,リンゴ皮,チョウジ芽等

海藻等

海藻(褐藻類)

カカオ

カカオ豆

柿の葉

ガルシニア

柑橘類等

柑橘

キノコ(酵母)類

キノコ類

牛乳,乳製品

葛(クズ),ガウクルア(学名プエラリア・ミリフィカ)

果物

グレープフルーツ

黒大豆,黒米

桑の葉

ケイヒ(シナモン)

ケイ皮油の主成分

ケール,大麦若葉

健康食品

玄米,野菜

高麗人参

「コウリャン色素」の主色素。そのほかにセロリ,パセリ,ピーマン,シソ等広く植物に分布。

コーヒー等

穀類

コタラヒム

胡椒

ゴマ

米ぬか

コレウスフォルスコリ(シソ科)

魚,肉,種実

桜葉,トンカ豆,メリロート

ザクロ

サメ軟骨等動物組織

山梔子(サンシシ=生薬,クチナシの果実),杜仲茶

シークワーサー等の柑橘

椎茸

地黄(ジオウ)

シソ,ローズマリー,エゴマ等

シソ,春菊

シャクヤク

ショウガ(ショウキョウ)

植物全般

植物

西洋シロヤナギ

センナや大黄

そばの芽

大黄

大豆

韃靼(だったん)そば

タマネギ

タマネギ外皮,天然に最も多く分布するフラボノイド

タモギ茸,平茸

チコリ,ヤーコン,タマネギ等

茶葉

唐辛子

ドクダミ

ドクダミ,アシタバ

トマト

ナツシロギク(フィーバーフュー)

ニガウリ等のウリ

ニワトリ鶏冠等動物組織

ニンニク

ノニ(熱帯地方に群生する植物)

胚芽

蜂蜜,発酵食品

バニラビーンズ

バレリアン(西洋カノコ草)

ヒルガオの茎・葉,クサソテツの葉等。生薬ではエイジツ末。

ビルベリー,ブルーベリー

ブドウ皮,ピーナッツ渋皮

プロポリス

ベリー,果実,野菜,ハーブ

マカ

ミシマサイコ(ミシマ柴胡)

ミルクシスル(マリアアザミ)

緑茶(べにふうき),凍頂烏龍茶

リンゴ

霊芝

レッドクローバー

レッドクローバー,黄耆(オウギ)

ローヤルゼリー

わさび,カラシ(黒カラシ)

 

 

********************

 このサイトは、薬事法ドットコムの「林田学」が監修しています。

薬事法に関するお悩みは「薬事法ドットコム」までお問合せ下さい。